さわやかトラウマ日記

さわやかな音楽ブログです from 2004


さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



【近況】「空想の片手間に生活をする」という目標は達成されつつありますが…

2020年の目標として自分は「空想の片手間に生活ができるようにする」というものがありました。

maemuki.hatenablog.com

今はもう2021年になってしまいましたが、その目標は達成されつつあります。長い道程となることは予測済みではあったので、おおよそ予測通りの経過時間だと思っておきます。

達成のための施策として下記のOutputをご確認ください。

f:id:maemuki:20210828231804j:plain

こちらは自宅の本棚の一部に設けた「大島弓子CORNER」の写真であります。これらの著作をひたすらに揃えることにおいて、自信を深め、生活を片手間とするための源泉としたのです。中でも「サンコミックス」から版されている単行本におけるカバーアートは源泉の中に湧いた想像力の泉となり、より深き、現実世界には遠きの世界に導いてくれるのです!この写真撮影時よりもさらにその源泉は増えておるのです。更なる空想へのコミットメントをお約束いたす所存でございます。

 

しかし、成果はこれくらい。その他においては、良い結果がありません。大変申し訳ありません。よって目標を達成するためにclearにすべき課題をここに記します。

課題1 音による空想世界へcommit

度重なる自慢高慢になるようで恥ずかしいのですが、わたくしめは学生時代、音楽以外は最低点という、わるき生徒でありました。はっきりいうと音楽においては非常なる成果をおさめていた、のです。しかし愚かしい片世界においては、それらを発揮することはなりませんでした。とても悔しいです。さらなる富と自尊心を得ることができるかもしれない、はっ。なんて愚かしいのだろう。このような卑しい儲け主義世界観はわたくしが求めることではないのに!・・という軋轢もあるのです。内的なものが。

ですので、そのような現実世界を忘れて、自身の思う通りのものをやればコミットメントは達成されるかと存じます。ひたすらに忘れること。それが多々において必要かと考えました。

課題2 季節に負け、自然との会話を避けていたのを止める

雨だ長雨だ。寒いだ暑いだ。酷暑だ酷寒だ。とひたすらに季節に負けて、外にでることはつまらない買い物の時ばかり。季節に勝ちえた時にはできた自然との会話をしなくなってしまいました。愚かしいです。

「空想の片手間に生活をする」というライフ・コンセプトの提案は、かつての旧友が提示をしたものでした。そのお方は「強風に『リリアンとアンリ落ち着いて!』と風に呼びかけた、リリアンとアンリそれは幼いころからの友達の風の名前よ」と言うお方だったのです。

つまり、自身も見習い、風に語りかけるようなことをしなければならないのです。しかし私にはリリアンとアンリ両氏のようなお友達がいないのです。どうしたらいいのだろう。それは風に伺うしかないのです。これからは台風の季節です。飛ばされないように強風に語りかけるというミッションを達成し、その名前を知る。というのを課題といたします。

課題3 このブログをどのように扱うのかを決める

もう2004年からはじめたことくらいしか、このブログの自我同一性は無いのです。自我同一性とはアイデンティティのことです。いきものがかりサンにもありましたね。

なんせ長いので、とっちらかっていて、どうしたらいいのかもうわからないので、このような支離滅裂なことばかり書いているのです><

ああわかります。ヴィジュアル系バンドさんについて書けば満足を得られるのでしょう。しかし、しかし、頑張って頑張って書いてもあまりもう見返りがないのです。そんなものがなくてもいいけど、あってもいいのです!ダメなのでしょうか。

ひたすら、なにかを書けばよいと思っています。この記事もそうです。なんでも書き殴れればいい。ここは自分のチラシの裏(古いおくれた表現)なのです。ごめんなさい。以上です。