さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



隠していたナイフを遂に見せた。 ゲスの極み乙女。「影ソング」

www.youtube.com

今月発表予定の「達磨林檎」の収録曲から1曲、新しくPVが発表された。

その曲は、とても優雅で、聴きやすい。棘のない曲のように聴こえた。

しかし画面右側に表示される歌詞は、そんな曲調とは対を成す、攻撃的かつ、意味深というにはわかりやすすぎる、殺伐したもののように覚えた。

そして、その怒りは強い嘆きと共に表される。

 

弱いから強がるんじゃない

弱ってるから強がるんだ

 

 今までに彼の歌詞は、攻撃的なものもあったと思う。しかし、「弱ってる」とまでいったのは初めてなのではと考えてみた。

 

PVはモノトーンに占められて、まさに「影」の世界。

さきの見えないこの先に対しての歌なんだろうか。

 

しかし、どこかサビのメロディなどのほほんとしていて、余裕のようにも見える。

それはそうだろう。彼らは犯罪集団ではないのだから。何も悪いことをしていないのに、当事者としたらどんな気持ちになるんだろうか、僕には想像もできないようなことがあったに違いない。

それに対しての、公式の弁明などは必要なかった。

けれども、このような形で表明をしたんだと思う。お前らふざけんなよ!

・・みたいな。わかりやすすぎる解釈だけど、僕もゲスだから仕方ない。

 

本当に品がないな 君たちは

量り売り言葉で傷つけて

まともだと思いこんでいるだけ

 

 

ほんとうに、そう思っていたから。つまらない人たちに。

バックのメンバーも最大限の表現をここでしている。普通のバンドではできないこと。

遂に、隠していたナイフを見せた。でも、それは彼らの思うとおりじゃない、優雅な姿だった。

 

 

それが最大の攻撃だと思う。