さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



【レビュー】AIOLIN - Stardust Crystal 手の届く幻想と手の届かない音世界

f:id:maemuki:20180403164129j:plain

www.youtube.com

AIOLIN。コンセプトである「哀愁のヴァイオリン」に即して表記をAIOLINに改めたとのこと。そしてあらたに「革命的ヴァイオリニズム」というコンセプトもあるとのこと。ニューアルバムもリリースがされるようです。

そんな彼らの新しい音源が「Stardust Crystal」スターダストクリスタル!シンプルなタイトル、いつもどおりストレートなタイトルです。

そして、hikarito氏のピアノから。テクニカルな上方への分散和音。やはり美しい。右手は5連符でしょうか。しばらく続くと、ヴァイオリンがA durのスケールで入ってきました。最後のソ#ラとシのところで、アゴーギグで演奏されました。一瞬ですが、僕はそこに気づきました。アゴーギグとは音符はそのままに、テンポを揺らして演奏することです。これはなかなか達者ではないとできない、と高校の吹奏楽部で指揮者をしていた時に知りました。

そして、サビでのブラスト・ビートの導入、しかしそのパターンは繰り返せず1回だけ、などの仕掛けなどはありましたが。このMVには、今までになかったものがありました。

 

それは画面右に表示される歌詞です。

 

この歌詞は、普通の歌詞だと思いました。hikarito氏はかつてインタビューにて「耽美には寄せない」というような事を仰っていました。その通りの歌詞です。

しかし、僕はこのような普通であり、けれども、ひたすらに切実な歌詞というものは、良いと思うのです。

最近、この界隈のバンドをよく知らないので、いろいろ学習、YouTubeでいろんな動画を見てみました。みなさん…「変わった自分」「病んでいる自分」「精神異常」「ネクラな僕は発狂」「狂った貴女…」「からくりナントカ」にような。そして「吸血鬼」「悪魔」など、非現実的時代錯誤的なものばかり。まあこの界隈はいつもそうです。しかし、みんなそんなに病んでいないはずだ!バンドやってる時点で、てめえら正常なんだよ!!と思っていました。

 非現実な幻想というもの、それは非現実でしかない。リアルでないから、心には響いてこない。そして今は現実の姿を、SNSやブログで見せられている。昔とは大きく違うものになってしまった。生活が見えてしまうのに絶望だなんて、もう嘘にしか見えないと思うのです!

AIOLINの「Stardust Crystal」の歌詞はひたすらに全うです。まるで彼女に問いかけているような、歌詞です。しかしこれはファンに向けての言葉だとも感じます。すごくクサいかもしれません。しかし!AIOLINには、普通のバンドとは大きく違うもの。それがあります。

それは、類まれな音楽性です!!バンドは音楽をするもの。自己実現を叶えるための手段だけではないのです!

この曲はロマンティクであり、幻想的です。そして…他のバンドとは違います。Hikarito氏の技術と才能、そしてカリスマ性は他にありません!!そこには手がとどかないほどのミステリアスさがある、と僕は思いました。

 私めはかつて過去の記事でこのように書きました

「普通のヴィジュアル系が見たい…」

そうです。ALOLINは普通であり、だけども普通ではありません!手がとどかない存在です。が、ここで表現しているものは、僕が求めていた真摯な「普通」です!

そしてAIOLINが目指すもの、それは「芸術」なんだと感じました。芸術なんて芸術(笑)と言われてしまうようなような、そして音楽業界はそのようなものなのかもしれません。しかし!音楽とは、芸術です。やるならそこを目指すべきだと!思います! 

!が多くてすみません!!!

 

おわり!!