さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



無くした青春の街。きっと彼にとっても。吉祥寺 ゲスの極み乙女。「シアワセ林檎」

www.youtube.com

 

僕の人生には「青春」と呼べる時期が3度あった。

そういうことが3度もあったということは、シアワセな人生だったと思う。

でも、「青春」を懐かしみ尊ぶということは、今はそこにいないということ。

失ってしまったもの。もう手に入らないもの。記憶だけが残っていつまでも存在している。

 

僕の1つの「青春」は、バンド時代だ。

今からもう10年以上前に、「ギターポップ」「インディーポップ」と呼ばれるフィールドでバンド活動をしていた。ライブをたくさんたくさんやった。CDなんかも出したりした。名古屋や大阪にライブにも行った。

 

そして、そのバンドの練習のために通っていた街、吉祥寺。

当時僕は、埼玉県上福岡市に住んでいた。吉祥寺まで、毎週毎週スタジオに通って、ドラムを叩いたりしていた。友達になってしまったバンドメンバー達と夜な夜な遊んだり、家に泊まったり。ああ、なつかしい。

 

「シアワセ林檎」のPVを見て、間奏明けにて、僕は固まってしまった。

僕がかつて「青春」の時に見ていた風景が、そこにあったからだ。

f:id:maemuki:20170402194853j:plain

間奏終わりからのこの場面で、いきなり気づいてしまった。これは吉祥寺。なんてことはない、普通の通り。あそこだ。入り口・・。

f:id:maemuki:20170426204926j:plain

ああ、吉祥寺だ吉祥寺。僕の大切な思い出がたくさんあるところ。それはもしかしたら、いや、こういってPVに出ているのだから、彼にとっても、そうに違いない。それは彼の歴史が証明している。

f:id:maemuki:20170426205037j:plain

彼は国立東京農工大学工学部応用分子学科を卒業している。

f:id:maemuki:20170426205226j:plain

そのキャンパスは吉祥寺から中央線で2駅。三鷹、武蔵境の次。つまり吉祥寺は彼の思い出の街に違いない。天下一品なつかしい><

f:id:maemuki:20170426205345j:plain

ああ、ここも。通った。何度も。大きく分けて2つの出口がある吉祥寺、そのどちらも思いで深くて、いやになってしまう。

この曲のPVは何なんだろうか。うたの中の彼は、とても何かを悔いている。しかし、林檎の赤さにそれを例えている。林檎は真っ赤なまま、でも言えなかった。

やはり騒動のこととかを想起させてしまう。想起してしまうのことは「ゲス」なのかもしれない。それは彼の思惑通りなのかもしれない。

 

すごく偶然だけれども、面白いことがあるので共有をしておきたい。

僕は、偶然だけれども、彼がまだ大学生ではない頃に、彼と同じ東京農工大学に通うギタリストと、バンドを組んで、吉祥寺の「スタジオペンタ」にて練習をしたり、彼の住む三鷹のアパートに行っていたりしていた。

その後に入ったバンドでも、吉祥寺を根城に活動していた。

 

そして、ほんとうにどうでもいいことだけれども、僕が彼の音楽を始めて、ちゃんと聴いたのは、井の頭公園だった。

 

maemuki.hatenablog.com

 ほんとうにどうでもいいことかもしれないけど

あのね

気づいたらさどうでもいいことが

幸せに感じる

でもそんなもんでしょう

あのね

気づいたらさどうでもいいことが幸せに感じる

でもそんなもんでしょう 

 こんな言葉が聴こえてくる。可及的速やかな輪の中から。

ぐるぐる、ハイテンポにのせて、彼の好きなように転がされている。しかし安心している。なぜだろう。それは彼がいつものように、哀愁にみちて、悲しみに満ちているからだ。

僕は、大好きだった街から強制的に、可及的速やかに離されてしまった。ここから吉祥寺はとてもとてもとても遠い。新宿から高尾よりも遠い。

そしてくしく、「林檎が名物」なところにいる。林檎が見られるのは秋から冬だ。今は春だ。夏が終われば秋が来る。

僕は、このまままたさいあくな冬を迎えるんだろう。その時になっている林檎を見て、幸せになっているのだろうか。なっていないに違いないけれども、気づいたらどうでもいいことが幸せになっていればいい。

「シアワセ林檎」というタイトルが凄く、僕にとっては痛く感じてしまったけど、悪くない、そういう気持ちは悪くないとおじさんは思うのです!長野いつかさよなら!!!

そんな感じです!