さわやかトラウマ日記

さわやかな音楽ブログです from 2004


さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



【残念】ルルラン ララルロ♪の季節はもう終わり…

今年はひたすらルルルンラロロな日々でした。

 

・・・いい加減「この人、幼稚だなあ」と思ったでしょう。

 

それは認めます。これらは幼稚な行いです。

しかし幼稚で何が悪いのでしょうか。

幼児は楽しいなと思ったらルルンロララロ気分になる、素直にそれを享受しているのではありませんか??でも大人になったらそれを忘れてしまう。

 

心が死んでいるのです。愚かしい。そんな人とは一緒になりたくないのです!

 

同調しない。決して忌みきらうもの達とは、同調をしないと決めたのです。

 

「なんて幼稚さだ、、現実逃避もいいところだ」と思ったかもしれません。

逃避なんてしていません。これが現実なのです。そうです、自分が感じたこと思ったこと、それが現実であり真実なのです。

 

しかし、そんなルルロンラララの季節も終わりに近づいてきました。

 

ラララロンロン状態の維持には下記の要素が必要になり、それが足らなくなるからです。

・快適な気温と湿度

・やさしい太陽の光

・道端や公園の美しい緑やお花たち

・時としての心地よい風

・要するにいい天いい天いい天気

・ほどよい感じで存在しない人類(往来の邪魔をしない)

これらの要素を満たすことにより、ルルランロラロリロリ状態が発動をするのです。

でも、このほとんどが季節的欠損により、なくなるのです。

 

今日、それを感じました。

 

今日は朝から良い天気でした。ララロ状態になる、つもりでしたが、どうも調子がでません。身体は元気なのですが、心がイマイチで・・

「なぜ、自分はこんなに」なんてずっと横になってうだうだしていたのです。

いい加減早くしないと、陽が落ちてしまうのに。そうです。陽が落ちると寒いのです。

もう終わりです。だから。早くしないと。しかし、動かないのです身体が。。

これも全てやがての鬱季節のせいだ・・・最悪だ。今年はラニーニャ現象で寒くなると毎日のように天気予報で言っている。どうしよう。

ひとまず、空腹を満たすために自転車で高円寺に向かいました。いつもの風景。

 

15時をすぎると、街が不思議な色に染まっていることがある。今日もそうだった。

オレンジ色に街が染まっている。まだ夕焼けでもない時間なのに、そんな色に街がそまっていて、とても美しい。こんな風景と色を見たことがない。学校の校舎や校庭、木や花や木造建築の建物も、コンクリートも全て。僕もこの色に染まっているのだろうか。誰かに聞いてみたい。

「ねえ僕はオレンジ色に染まっているかな」なんて。「ふふ、あなた染まっているわ。うす橙橙の色に。ステキよ」「そうかありがとう。君は」「ふふ」「染まっていないよ」「え」「君は君でしかない。そんな色だから」「バカねなにそれ」「あはは」「うふふ」なんて会話をしてみたいものだ。

 

なんて考えていたら、気がついてしまった。忍び寄るアレに。。これはもうやってきたのだろう。またはもうすぐやってくるのかもしれない。どうでもいいような感覚が冴え渡ってしまう。幼いころの極限的なアレを味わってきたからだ。ほんとうの悪夢が続いてしまったこと、それが数年前にまた体験してしまったトラウマ。

 

皆さんにはわからないのだろう。

 

残念だけど、僕はもう外にはあまりしばらくでない。アレを感じたくないから。だからもう街に出てルルランロロロにはならない。呪詛の言葉しかでないからだ。全部アレが悪いのだ!ルルラン ララルロ♪の季節はもう終わりです。残念。。

f:id:maemuki:20211106160728j:plain