さわやかトラウマ日記

さわやかな音楽ブログです from 2004


さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



「アイドル」が見つからない

自分は今、特になにもない生活になり、それを望んでいます。生活をただしているだけの生活です。ひたすら無益で怠惰な日々になっています。

なぜそうなったのか、それは自分にとっての「アイドル」がいない、見つけれられないからです。アイドルというのは歌って踊っての人たちのことだけではありません。

maemuki.hatenablog.com

過去のこの記事中にこう書きました

正直、飽きっぽいだけなのかもしれませんが、その時々でいろんな「アイドル」がいたということは、僕にとっては真実であります。自分の「アイドル」は常に入れ替わってきた。

これは音楽だけの話になっていますが、その他の文化でもそうです。何かに熱中をするということがなくなってしまいました

そういうものがあったのにな、たしかにと。その日々が愛おしくもあります。

maemuki.hatenablog.com

今では信じられないけれども、自分はSexy Zoneのことが唐突に好きになりました。担当に降りたのです。あのときの熱狂ぶり…楽しかったです。毎日いろいろメンバーについて調べたり、BSスカパーを契約してSexy Zoneがレギュラーで出ていた「ジャニーズJr.チャンネル」を見たり、それを録画するためにハードディスクレコーダーも買ったり。シングルも全種類買ったり。1st写真集も買ったり>< 歌番組なども全部見たり、握手会に行ってみたり。その頂点が上のライブレポートだったんだと思います。1stコンサートの最終日最終公演を見たくて「チケット流通センター」でチケットを買ったりした思い出もあります。当日は隣の席の女性がチケット流通させた人で、違う名前で呼ばれて、僕が最終流通先だと明かしたりしました。

女性は「セクシーゾーン好きなんですか?」と驚いたふうに聞かれて「あアイドルが好きなんです」と照れくさく答えたのも、楽しい思い出です。

 

しかし飽きっぽいのは変わらず。その後に出たシングル曲はイマイチで…1stアルバムを買ったくらいでもう「担降り」をしました。半年も持たなかったかも><

このような一時的でもいいので、熱狂的な自分をまた味わいたいのですが、

 

飽きっぽいのは仕方がないとして、その次が全く見つからないのです。どうしよう。

 

これが、普通なのかもしれない。何かが好きと嫌いとかが特に無い。

なんとなくコンテンツくを消費するだけ。

もしかしたらそれが普通のことなのかもしれない。

 

老化なのかもしれないけど><

 

頭の中が徐々に空っぽになってきているような気がしています。やばいー

 

明日は雨で寒い。外出などもできないので、この「アイドルを探せ問題」を一日中考えてみます!!終わり