さわやかトラウマ日記

さわやかな音楽ブログです from 2004


さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



休みの終わりと神秘主義

有給消化のためのまとまった休みが今日で終わりました。

家出目的の旅行に行き、台風が来たのでスゴスゴ帰ってきました。計10泊。あとはなんとなくぼーっとしてしまいました。

ずっと後悔をしています。なぜ、旅先でそのままぼーっとしなかったんだろう。

激しい後悔がやまないのです。最近は、決断をしてもだいたいすべてが裏目に出てしまうような気がするのです。いやですね。

f:id:maemuki:20201009210029j:plain

でも楽しかったです。札幌と大阪。完全に天気に恵まれたのです。ほんとうに。24時間快適な気温で天気だったのです。東京も9月末〜10月最初くらいは平和な天気だったようですが。みんなハッピー。良いことじゃないですか。

 

・・・。

旅行中もそうですが、最近はずっと自分で自分を褒め倒しています。

「ああ、空がなんてきれいなんだろう、ああ、そんなことを思う自分は感性が豊かだ。ほんとうに」

「かわいい犬ちゃん、猫ちゃん。動物を愛護する心があって、自分って偉いな」

「ああ、風が心地よい。音楽を感じられる。ドビュッシー前奏曲『西風の見たもの』のようだ。それは昔自分が弾いた曲ではないか。オイ芸術的な人生だなー我ながら」

なんて、ずっと褒め倒しているのです。

 

なんでそんなことをするのか。今、自分はずっと一人です。旅行中も誰ともコミュニケーションを取ることすらしなかった、できなかったのです。なので、内省的になると、どうしても「だめだじぶん」とかになってしまうのです。

 

それではダメですよね。せっかくだから、自分で自分を褒める。それに命をかけています。いざ、他人に批判をされるようなことがあっても、強力な味方、自分がいるので大丈夫だと思います。そうです。自分がぜったいです。

 

神秘主義という言葉があります。

神秘主義(しんぴしゅぎ)とは。神や絶対的なものと自己とが体験的に接触・融合することに最高の価値を認め、その境地をめざして行為や思想の体系を展開させる哲学・宗教上の立場のこと

わかりますか?要するに、自分が神、自我こそが神なのです。それと自分を更に融合させて体現させるのです。今の自分は神秘主義にて、高みに登ろうとしているのです。決してナルシズムではないのです。

これらの体系をより洗練させるために、今後は生きていこうと思います。みなさん、ついていけますかね。できないだろうなあ。宗教とかではないですよ!自分が信じるものは自分だけだからです。それとは違います。おわり